2017年2月20日 (月)

引っ越します

BIGL OBE に ブログ造りました

URL http://ganityann.at.webry.info/201702/article_1.html

気の向くままに

しばらくここでお世話になってみようと思います

これからも宜しくお願いします

記事はまだあいさつ文しか書いていません

2・3日したら 書きますので 

よろしくhappy01

2017年2月17日 (金)

湯の花温泉 渓山閣

会社入社以来の同期 55年来のお付き合いの友達と1泊で新年会

湯の花温泉 渓山閣

Img_8604_2

Img_8602_2

Img_8606_2

Img_8600

Img_8601_2

50周年記念でお得なプランを見つけたので・・・

1泊4名以上1部屋 ¥9980(税別)

総勢7名 

本来なら4名+3名で2部屋になるところ

幹事のYちゃん

「4名以上 ¥9980 と書いてあったので お部屋は1つでも分かれても構いませんので同じ料金にして下さい」と交渉

前日に1部屋になりますとの連絡

12畳5~6名のお部屋かなぁと思っていたら

案内されたお部屋は和室二間続き(12畳+8畳くらいはあったかなぁ)

窓の外にはお庭付  畳も真新しいもので青々としています

広いやぁ~ン 良かったね

仲居さんの説明もそこそこに聞いて

座ったら動かない 話し出したら動かない ばあば女子会の面々

出て来るは出て来るはお菓子が次々と

お腹膨れて夕職食べられへんやぁ~ン

お風呂お風呂  腹ごなしにまったりと温泉はええなぁ

お風呂の後は食事

お部屋までお迎えに行きますのでゆっくりとお過ごしください

ほぉ~ 時間気にせずまたまたおしゃべり

食事処も広ぉ~いお部屋

チェックインでビール7本頼んでいたYちゃん

仲居さんが「てっきり男性のグループだと思っていました」

中瓶7本 うそぉ グラスで7杯のつもりやったわ

栓切らなければお引き取りします

良かったぁ

そうだ 50周年記念の籤引きで1本¥50の券当たってたんや

ただし本当に1本だけでしたわぁ

ここ渓山閣はプロが選んだ料理100選のお宿です

きたぁ~いしてますぅ~

夕食のおしながき(写真忘れました)

食前酒   梅酒

前菜    お任せの品  海老

造里    鮪引き造り 烏賊細造り とび子  あしらい1式

焚き合せ  お任せ煮物  青海 花麩 香り

台物    牛陶板焼  茄子 小かぶ 大根 アスパラ もやし 南京 ぽんず

油物    天婦羅盛り合せ  海老 茄子 南京 青唐 レモン ぽんず 塩

お凌ぎ  茶蕎麦

蒸物   茶碗蒸し

酢肴   とろ蒟蒻  酢味噌

止椀   土瓶蒸し

ご飯   かやくごはん

香の物  京漬物 三種

水物  お任せ水物

                調理長  遠藤 和紀

 

そんなに飲めへんわぁと言いながらビール5本

時間いっぱいまで食事処で

どこででもしゃべりだしたら止まらない((^_^;))

お部屋に帰ってまた一喋り  

11時近くまでしゃべって お風呂へ

朝 6時起床

朝食はバイキング

10時チェックアウト  10:50のシャトルバス

時間があったので向かいの山へお散歩

道は壊れていたが 春の陽気に朝の冷たい風がひんやりして気持ちよかった

11:17 亀岡発 普通京都行で 丹波口まで乗車

角屋へ観光に行くことに

 

 

 

 

 

2017年2月11日 (土)

寒いなぁ

昨晩から雪が積もり

朝方には青空ながら 冷え込みで道路が凍っているようです

車の走る音がザッザッザッと氷をカイでいるようです

昼前 散歩がてらに大徳寺方面へ

日差しの暖かさに、凍っていた雪も溶け出しました

カメラを持って大勢の人がウロウロ

私もその中の一人なんですがbleah

昨夜11時頃

1

2 結構サラサラの雪が降っていました

10:30頃

大徳寺近くの院

3

4

5 高桐院で   

6

7 秋には素晴らしい紅葉が見られます

8

9

10

11 ここから中は有料です

戻る事にhappy02

12

13

14

15 高桐院から大徳寺境内に 鐘堂

今京都では「京の冬の旅」でいろいろん寺院で特別拝観がされてます

ここ大徳寺でも普段拝観できない院が拝観OK!になっています

16

17

18

19

20 有名な赤門です

道を挟んで仏殿があります

21

22

大徳寺のイブキと仏殿

大徳寺の仏殿は寛文5年(1665)に再建されたものです

このイブキもその頃植栽されたと言われています

イブキはヒノキ科ビャクシン属の高木で、

日本では本州(宮城県以南)四国、九州に分布しています

イブキビャクシンは長命の木なのですが、それでもこれほど大きくなるのは稀なのだそうです

昭和58年6月1日 京都市指定天然記念物に指定されました

24 赤門表側

26

27

25 平康頼の塔

28

29

本派専門道場

除夜の鐘が撞けます

ココの鐘は急な階段を登り 鐘の周りに座って着く順番を待ちます

身近で撞くので心に響き渡ります

除夜の鐘を撞ける好きな場所です

31 前の道を西へ歩くと今宮神社(北方直ぐ)の前の通りに出ます

32

34

37

35 南へ向かって(北大路通り)歩くと建勲神社の参道に出ます

11:30 昼食の用意もあるので今日はここらで家路へ

1時間程度の散歩

暖かな日差しに背中は汗ばんでいます

春もう少しですね

2017年2月10日 (金)

なんか変?

年末に糖尿病の食事療養で入院していた友達

退院する時に、病院から

「これから介護の申請してもなかなか取れにくくなるので、今のうちにしておかれた方が良いですよ」

で ケアマネさんが見えられて

「お弁当取られたらいかがですか」といっぱいパンフレットを持参されたそうです

彼女 別に歩けないわけで無  ボケられてる訳で無  食事が造れないわけで無

毎日ほどお出かけされているし カーブスに行って体操もしてられるし

百貨店で食べたいものかってこられてるし

糖尿の数値が少し悪い位で別に日常生活に何も困っていられないのですが

インスリンの注射も週1回 病院に通いますと言ったら

インスリン打ちに介護の方の元看護婦さんが家まで週1回来られることになったとか

で そのインスリンの注射を受け取りに2週間に1回病院へ行かなければならないのだそうです

彼女曰く

2週1回 病院に行っても 週1で病院通っても別に何にも変わらへん

むしろ散歩がてら週1 病院へ行く方が良いのやけれどもなぁ

 来てもらっても何もしてもらう事のないのにヘルパーさんが来られたり

介護保険使って 1割とはいえ必要もない事にお金払わなければならないし・・・

これってなんか変じゃないですか

病院から勧められたから断りにくいし・・・

コンナンで介護保険使わして保険料値上げしないでぇ~・・・っと思いました

本人いわく

週1 看護婦さんやヘルパーさんの為にどこにもいかんと家にいんならんし

掃除しんならんし 

本末転倒じゃないですか・・・

2017年2月 8日 (水)

タイトル書き忘れました

まぁ こんのタイトル

炭平記事の続きです 

まぁ こんな旅が出来ることは今後無いだろう

おのぼりさんの様にあっちやこっちを物珍しくじろじろ

一風呂浴びたら食事の時間

お部屋食が出来るのですが、

のんべぇの集まり 取り敢えず食べてる時間が長いので

お食事処で食べる様に事前に変更

隣の風乃音さんのお部屋の前に

食事の用意をされたシェフらしき従業員さんが寒空の中外で待機されていました

食事処に変更してもらったのはGOODでした

 

2階のお食事処奥のお部屋に陣取って

勿論お席に着いたのは1番

これから長ぁ~い宴席となります

皆さんごめんね

 

入ってすぐの所にオッキな蟹さんがぶくぶく泡を吹いていました

う~ん これ頂くんや かわいそうと言いながら

心の中ではおいしそう

31

 

コースは間人大蟹フルコース

調理人さんがお席まで蟹を持ってこられました

1kg以上の蟹2杯 まだ生きてます

背中についている蛭がおいしい証拠とか・・・へぇ~

33

32

 

仲居さんが

御主人のご両親ですか

はい そうです

 

初めは嫁姑の関係なので少し気を使われていたようなのですが

あまりに普通にワイワイガヤガヤ

笑いの絶えないお席なので 

こちらもうれしくなりますねとおっしゃってもらえました

 

誕生祝いのサービスに家族写真 額入り2個

焼き祝鯛1匹

38

今まで食べていた蟹は何だったのかと思うほど

くせのない蟹の味  甘味いっぱいの蟹

蟹のみだけでなく甲羅まで透き通っているやぁ~ン 生食できる蟹味噌 蟹味噌のしゃぶしゃぶ

この味噌なら私も食べられるわと言ったら

一人占め出来ると思っていた旦那の渋い顔(笑)

今まで結構な処に行って食べてもいた蟹

フルコースで蟹ばかり食べていたら飽きてくる・・・と思っていたのですが

全く飽きない 何ぼでも食べられそう

最後のデザートまで満腹 満腹

食べられなかったサバ寿司はお部屋で飲むときのおつまみ用に

夜食についている赤飯と一緒に運んでもらいました

祝鯛は、朝食の時にお出ししますとの事

何から何までうれしい対応です

1番に食べ始めて やっぱり最後に部屋を出た我が家でした

朝食には昨日の仲居さんからのお手紙がお席に置いてありました

雨模様に夜遅くまで従業員さんたちが作られていた

テルテル坊主が廊下のあちこちに飾ってありました

二日目は1日中雨の予報

観光は諦めて 11:40までお部屋延長してもらい

間人11:55発の南丹高速バスで家路へ

一生に一回の贅沢な旅

息子曰く 次は40年後

嫁ちゃんが私も死んでるわって突っ込んでいました

確実に私たちはおりません はい(笑)

お料理です

34

35

36

39

40

41 味噌のしゃぶしゃぶ  

ぷわぁ~と浮いてきたら食べごろです

見た目はなんだか???です

42

43しゃぶしゃぶにすれば花が咲く

冷水にはつけません

44

45

46

47新鮮野菜のしゃぶしゃぶも

写し忘れました

47_2 お腹いっぱいと言いながら

美味しい美味しいとお替りしですhappy02

49 〆はゆずシャーベット 

お口がすっきり

部屋風呂入浴後二次会

あら めずらしい

最近飲むとすぐに寝てしまう主人

やっぱり・・・sleepy

朝食です

51

52

53 残っているアルコール

アサリのお汁で胃袋スッキリ

またまたお替り 2杯も頂きました

54 昨日の祝い鯛もちゃんと・・・happy01

他にジュースやミルク ヨーグルト などが自由にどうぞと置いてありました

何やら生卵がとってもおいしそうなのでしたが

1個¥300  

1ケース買えるやぁ~んで却下weep

変な所でケチってます(笑)

後はロビーでまた1杯の息子たち夫婦でした

 

2017年2月 6日 (月)

間人の炭平

昨年末から楽しみにしていた京丹後間人へ間人かにを食べに

長男夫婦から親夫婦への誕生日プレゼントです

嫁ちゃんも1月生まれなので三人一緒にすることに

12:40 京都駅から南丹バスで間人まで3時間強

高速長岡京から息子夫婦が乗ってきました

天気予報の悪い中 何とか時々雨で持ってます

小1時間した頃 1回休憩があります 道の駅らしきところで

車窓からは山々にかかる雲が・・・大江山辺りで雲海出てるのかなぁ?

 

1

雪見風呂期待していたのですが 

ここしばらくの暖かさと雨でほぼ溶けていました

16:30 宿着

2

3

京都府丹後町間人 海と山に囲まれた小さな旅館です

2014年11月1日 リニューアルオープンされたお宿は和を基準に

とっても素敵なお宿になっていました

 

案内されたお部屋は、一度玄関を出て向かいの

離れ季音庵 波乃音

和室は

8・1畳和室 掘りごたつは床暖房 50インチのTV

4

5

6

7

8

9

 

壁には色鮮やかな丹後ちりめんの着物帯で装飾され

華やかでモダンな雰囲気に中荘厳さを持つお部屋になっています

 

寝室は

丹後の済んだ美しい水をイメージした銀の装飾

夜は銀製品が星空の様に・・・静かに瞬きます

ダブルベッド2台 50インチのTV テーブルとイスの寝室

広い この部屋で4人全員寝られそう

もうテンションあがりっぱなし

15

16

14

23

21

二つのお部屋は独立しているのでとっても使い良かったです

 露天風呂はほのかに磯の香りのする源泉 

まろやかなお湯の肌さわりと湯加減が絶妙

窓を開けるとセンサーがあるのか湯温度が変わらないように熱いお湯が出てきます

部屋付の露天風呂にはうれしくなるほど大きくて ゆったりした気分になれます

10

24

20

テラスには自然 四季 を五感で感じるようなイメージで作られています

枯山水の坪庭 美しい丹後の砂浜をイメージしたものだそうです

耳を澄ませば波の音が・・・

夜になるとお庭はライトアップされます

19

22

12

13

 

寝室にもお庭はあります

 

洗面所+トイレ 

うれしいことにトイレは二つ

女性にはうれしい 浴衣が選べます

可愛い柄の部屋履きの足袋も 選べます

ちゃんちゃんこ

ロングどてら

2重のガーゼのパジャマ(これ12000円で売店に売ってました)

冷蔵庫には有料のドリンクとは別にお水が自由にお飲みくださいと・・・

珈琲・紅茶・お茶 無料

鉄瓶で入れるお茶はまろやかでとってもおいしかったです

コーヒーカップや湯飲みもおしゃれな器が・・・

 

アメニティもバッチリ

バスタオルも2枚づつ8枚も置いてありました

下地用の化粧品は持って行く事もなかったです

 

お天気なら夕日が抜群にきれいなのだそうですが

残念ながら雨が降ったり止んだり

はるか地平線が少しピンク色に染まっていました

 

大浴場は2つ 昼夜男女入れ替え制

露天風呂から眺める景色は珍しく波風もなく穏やかな日本海でした

遠く漁船のいさり火が・・・

29

28

27

28_2

25

30撮影禁止でしたが、誰も居なかったので

パチリ  急いで写したのでボケてます(笑)

 

 

2017年2月 4日 (土)

明日から間人

両親の誕生日を一気に祝おうと長男夫婦が企画した1泊の旅は

父親の好物蟹料理を食べに・・・間人へ

曇り少々雨くらいの天気だったのに・・・あら明日本格的に雨の予報

日本で1番新しい蟹が食べられるとか 期待は大upnoteup

が しかし 雨 海が荒れれば船が出るのか 心配です

rain降っても良いので 蟹捕り船は出港出来ますように

美味しい蟹 食べられますように(祈)

2017年1月30日 (月)

決まらない

段々とeoのブログが終わる日が近づいて来ています

なかなか決まりません

体調も今一なのであまりパソコン開けている時間もなく

ゆっくり探している間の無い

第1条件が簡単 

2・3立ち寄ってみたのですが

写真の張り付け方が今一判らなかったり・・・と

後2か月

ヤフーにかなり以前にブログ造っていたようなのですが

ほぼ使ってなかって

ちょっと書いてみたけれども

写真があまり載せられない

(たくさん載せる方法が判らない(^_^;))

eoのブログ

簡単で良かったのになぁ

2017年1月24日 (火)

確定申告終わりました

毎年1月には提出している確定申告

今年も本日提出してきました

少し訊きたい事も有ったので

ちょっと寒いかなぁと思いながらこの雪空

誰も来てないだろうと思ったら

あら まぁ! 4人も

ほんのちょっとの質問に、1時間くらい待ちましたわぁdespair

毎年ほぼ金額が変わるくらいで、特別変化のない確定申告

税金だけはしっかり取られますねぇ

税務署員に、収入これだけですか・・・と言われながら

経費ないしなぁcrying

この歳で税金払ってるんやし まぁ がんばってる方やんやろうなぁ